黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Latest Entries

小笠原父島前浜で波乗り

2016/09/30 07:44

IMG_3057.jpg


#小笠原#父島#前浜で#波乗り

#サップで波乗り
#ブギボーで波乗り
#ショートボードで波乗り

皆波 待ちです


IMG_3056.jpg

手前の方は未だ 濁っていません
この日 左側(沖)の方に#シュノーケルしている人もいました


島の反対側の宮ん浜はまだまだ濁らず
#シュノーケルの#ツアーが3組ほどいました

#台風18号の影響で
前浜の波も続きそうです

10/5日関東方面に近づきそうな台風18号
小笠原丸の出港日は10/5
一日遅れたりするのかな?
[編集]
関連記事

小笠原父島求人 小笠原自然文化研究所 契約社員募集

2016/09/29 06:27

shizenbunka5.jpg

#小笠原#父島#求人 #小笠原自然文化研究所 契約社員#募集

#父島の#NPO法人小笠原自然文化研究所にて、
#ノネコ捕獲などの契約社員募集。
#月額220,000円~245,000円、#独身寮あり。

shizenbunka6.jpg
#猫捕獲

#業務内容
#•小笠原諸島での#ノネコ捕獲・#モニタリング業務、
#ネコ対策啓発活動など



#雇用期間
•平成28年10月1日以後の着任可能な日~平成29年3月31日
(入社後3ヶ月間は試用期間、次年度以降は継続あり)


shizenbunka4.jpg

#応募資格
•15kg程度の荷物を持って、山歩きができるかた
•文書の作成やメールのやり取りなど通常のパソコン操作ができること
•普通免許(AT限定不可)


shizenbunka3.jpg

給与
•月額220,000円~245,000円(経験等による)

就業時間
•08:00~17:00(うち休憩時間90分)、月20日程度(シフト勤務)

宿舎
•独身寮あり

社会保険
•健康保険、厚生年金保険、雇用保険


shizenbunka1.jpg


名称
NPO法人小笠原自然文化研究所

住所
〒100-2101
東京都小笠原村父島字西町光子ハウス1号

TEL
04998-2-3779

メール
keiri@ogasawara.or.jp

HP
http://www.ogasawara.or.jp/

担当 浅谷

[編集]
関連記事

小笠原父島二見港自衛他の船

2016/09/28 07:51

IMG_2992.jpg


#小笠原#父島#二見港#自衛他の船

天気も良い父島
灰色の#自衛隊の船が #自衛隊の敷地の近くに停泊
なんとなく 違和感
#戦争中 はこんな感じで沢山停泊していたのだろうか?


IMG_2991 (2)

沖縄の方にある 台風の影響は
まだ 二見港の中までは影響を受けていない


IMG_2994 (2)


#ビジターセンター #気象庁 #自衛隊
のあたりまで 濁りはないようだ

IMG_2995.jpg

まだまだ ウエットスーツなしでも
十分に泳げますね
[編集]
関連記事

小笠原父島水産センターの水槽の中のサメ

2016/09/27 08:04


IMG_3041.jpg

#小笠原#父島#水産センターの#水槽の中の#サメ

前に来た時は #アオリイカ が泳いでいたのですが
今回は サメ #ネムリブカ
ホワイトチップとネムリブカは同じサメ
和名が ネヌリブカです
大人しいサメだと 分かっていても
泳いでいるときに 近くに寄ってくると 怖い


IMG_3042 (2)

サメのそばで泳いでいるのが #ウメイロモドキ
ウメイロモドキは#西太平洋から#中部太平洋にかけて分布している
#タカサゴ科の海水魚で、国内では主に沖縄や
#小笠原などの南日本に分布しています


ウメイロモドキ はホワイトチップを怖がらず
近くですいすいと泳いでいます

みんなが泳いでいる 前浜にもいます
私は遭遇すると どきっとして 
内心ドキドキしながら早めに陸に戻ります
心臓 ぱくぱくです

それでも懲りずに また泳ぎますが・・・
[編集]
関連記事

小笠原父島おがさわら丸の見送り

2016/09/26 07:19

IMG_3033.jpg


#小笠原#父島#おがさわら丸の#見送り

観光客を乗せた小笠原丸
見送り船の数も多い


IMG_3032.jpg

左の海面に青いボート?見えますか?
少年が4人カヤックにぎゅうぎゅうに乗って 
#小笠原丸を見送っています


IMG_3040.jpg

他の見送り船が小笠原丸のそばを伴走している中
パパヤの船は まだ 二見港内
これから 凄いスピードで追い越し
最後まで 見送りをすることでしょう

見送り船に乗り 小笠原丸を見送ることも
とても楽しいです
クジラの時期は クジラに会えるかも知れません
イルカや カメ マンタに出会う可能性もあるのです

見送りのパフォーマンスの
船からの 飛び込みも 見ごたえあります
[編集]
関連記事